COLUMN健康コラム

一覧へ戻る
2017.09.28健康コラム

プリン体は敵か?

横フォーマット.jpg

最近は“プリン体オフ”のアルコール飲料も販売されています。

プリン体が痛風の原因になるのはよく知られていますが、プリン体がどんなものかお伝え致します。


プリン体って何?

プリン体は、細胞の核に存在する核酸の主成分であるアデニンやグアニンなどとして存在します。

あらゆる生物の細胞内に存在するため、ほとんどの食品に含まれています。

旨味成分に多く含まれます。細胞数の多いもの、細胞分裂の盛んな組織にプリン体が多くなっています。

食事から摂取されるプリン体は肝臓で代謝されて最終的に尿酸となり尿酸プールを増大させます。

食事や体内での尿酸の生成量と、体外へ尿酸を排出するバランスが壊れると発作を起こします。

これが痛風と呼ばれるものです。

尿酸結晶は腎臓や尿路に沈着して腎臓障害や尿酸結石を起こすこともあります。

尿酸値が高くても結晶ができない人もいます。



ビールとプリン体の関係

アルコール飲料では、含まれるプリン体量はあまり多くはありませんが、アルコールの作用が加わって尿酸値が上昇します。

お酒を毎日飲む人は痛風の危険度が2倍で、特にビールを飲む人の危険度が高いと言われています。

『高尿酸血症・痛風の治療ガイドライン』には『1日400mgを目安にしたプリン体の摂取制限』がうたわれています。

地ビール、紹興酒には10mg/100mL以上のプリン体が含まれます。

量的には多くないにもかかわらず、ビールを1缶毎日飲む人では6年間に血清尿酸値が0.5~1.0mg/dL上昇すると言われています。







TODAY

3/26[TUE]

こんばんは
ゲストさん

ログイン

ユーザーID
パスワード
パスワードがご不明の方はこちら

マイログ

健康に関する情報をきちんと管理して、日々の生活に役立てましょう。あなたの「健診データ」を確認できます。

病院を探す

毎月更新される全国約16万件のデータから、お探しの病院を検索できます。