COLUMN健康コラム

一覧へ戻る
2019.11.01コラム

美肌は腸から!腸内環境を整える食事

20191101_yoko.jpg

美肌には腸の健康を保つことが大切です。腸内環境が悪いと、血液中に腸内の腐敗物質が流れ出すため、 肌のトラブルにつながります。

食事を正して、からだの中から綺麗を目指し、美肌を保っていきましょう!


腸内環境が悪くなる原因は…

まずは、ご自身の生活を振リ返ってみましょう。

□お菓子やジャンクフー ドをよく食べる

□野菜をあまり食べない

□肉が大好き

□外食が週4回以上ある

□朝食をとらないことが多い

□運動はほとんどしていない

当てはまる項目が多い場合悪玉菌を増やし腸内環境を悪くしてしまっているかもしれません。便秘気味もしくは便がゆるくなったり、 硬くなったりする場合も要注意です。


腸内環境を整えるには

腸内環境は腸内細菌である善玉菌と悪玉菌のバランスで決まります。年を重ねると悪玉菌の割合が増えてきますので、善玉菌を 増やす食事を意識してとることが大切です。

“伝統的な和食は腸内環境を良くする”といわれていますが、動物性脂質が抑えられ、食物繊維と食品をとりやすいことが理由として挙げられます。


おすすめの栄養素「食物繊維」

食物繊維は善玉菌のえさとなり、善玉菌を増やすことができます。 食物繊維の中には有害物質を体外へ排出する「水溶性食物繊維」と便通を促す効果のある「不溶性食物繊維」がありますので、どちらもバランスよく摂取することが大切です。


【水溶性食物繊維の多い食材】


□豆類( 豆、きなこなど)

□芋類(さといも、やまいもなど)

□野菜(ごぼう、アボカド、おくらなど)

□果物(キウイフルーツ、いちごなど)

□海藻類(こんぶ、わかめ、ひじきなど)


【不溶性食物繊維の多い食材】


□豆類(あずき、大豆、おからなど)

□芋類(さつまいも、こんにゃくなど)

□野菜(かぼちゃ、ブロッコリ ー、ほ うれん草など)

□果物(柿、りんご、バナナなど)

□きのこ類(き<らげ、干ししいたけ、しめじなど)

□穀類(大麦、玄米など)


おすすめの食材「発酵食品」

発酵食品には体を改善する善玉菌が多く含まれています。意識して摂っていきましょう!


【発酵食品の一例】


□発酵調味料(みそ、しょうゆ、酢、塩麹など)

□納豆

□ぬか漬け

□甘酒

※これだけを摂れば良いという食材はありませんので、いろいろな食材を摂ることが大切です。

TODAY

12/15[SUN]

おはようございます
ゲストさん

ログイン

ユーザーID
パスワード
パスワードがご不明の方はこちら

マイログ

健康に関する情報をきちんと管理して、日々の生活に役立てましょう。あなたの「健診データ」を確認できます。

病院を探す