ハピルス HAPPYLTH 健康ポータル

EXERCISE健康エクササイズ

一覧へ戻る
2023.12.15エクササイズ

寒い時こそ痩せるチャンス!基礎代謝を上げよう!

20231215_yoko.jpg

寒い冬は太りやすく痩せやすい季節です。

太る人との差を付けて痩せ体質にしていきましょう。


「夏は汗を沢山かくから簡単に痩せるけど、冬は汗をかかずに太る」このように感じている人は多いかと思います。汗を沢山かいて痩せているのは、脂肪ではなく水分が減ったからです。意識をして食事・運動を改善していない限り、水分補給をすれば元に戻ります。また、冬に太りやすい理由としては、寒くて動かず消費カロリーが減り、年末年始のイベント事で飲食の機会が多く摂取カロリーが上回ってしまうことが考えられます。


こんな冬太り生活していませんか

□寒くてこたつから出るのが億劫
□リモコンやお菓子など、全てテーブルの上に置き、すぐ取れる状態にある
□クリスマス・忘年会・新年会など飲食する機会が多い
□寒くて姿勢が猫背になる
□秋まで継続していた運動を寒くてやめてしまう


基礎代謝(じっとしていても呼吸をしたり臓器を動かしたり、必要最低限消費されるカロリー)は筋肉量に比例してますが、何も意識をしないと1歳としを取るごとに1%筋肉は低下していくと言われています。また、極端な話、入院や大きな病気で1週間寝たきりになると10%も筋肉は低下してしまいます。上のチェックリストの項目も積み重なるとあっという間に基礎代謝低下体重増加の道をたどってしまいます。
しかし、朗報です。気温が低くなると人間の身体は体温が下がり過ぎないように脂肪を燃やしてエネルギーを作ろうとします。
その為、寒い冬は暑い夏に比べて基礎代謝が上がり、体を動かすことで更に脂肪燃焼効果が期待できます。何もしないと摂取カロリーが上回り、体重増加をしやすくなるのは一年中ですが、基礎代謝が上がる冬は減量を考えるならチャンスな季節でもあります。
また、「運動」だけにこだわらずとも、日常生活でこまめに体を動かすことで脂肪燃焼が期待できると言われています。
「運動なんて続かない…」と思う人も、まずはじっと座っている時間を減らして筋肉を刺激させましょう。
レベル別の活動量アップ方法をご提案します。


■レベル1(ながら運動)
・歯磨きをしながらかかとの上げ下げ
・テーブルの上に物を置かず、立ち上がって取る場所に移動させる
・自宅の2階に物を置き、頻繁に階段利用。マンションの場合はエレベーターを使わず階段利用

■レベル2(大掃除でながら掃除)
・窓ふきで腕を大きく動かす
・掃除機を使わず雑巾がけをする
・お正月休みを機に断捨離をして体を動かす


■レベル3(しっかり運動時間)
・ウォーキングをする(姿勢を正して、歩幅を広くするとより効果的)
・自宅で映画を見る休日よりも、動画を見ながら体操をする
・テレビを見ながらその場で太ももを高く上げて足踏み運動。※椅子に座りながらでも効果的です


※無理をせず、ご自身の体調に合わせて行ってください。

TODAY

2/22[THU]

こんにちは
ゲストさん

ログイン

ユーザーID
パスワード
パスワードがご不明の方はこちら

マイログ

健康に関する情報をきちんと管理して、日々の生活に役立てましょう。あなたの「健診データ」 を確認できます。

病院を探す