ハピルス HAPPYLTH 健康ポータル

COLUMN健康コラム

一覧へ戻る
2021.01.05コラム

綺麗な腸は健康への近道。便通改善の生活習慣

20210105_yoko.jpg

腸内環境が悪くなるとどのようなことが起こるのでしょう?

今回は腸内環境を良くする対策の一つである便秘予防についてのお話しです。


便秘は腸内環境を悪くする


腸の中には主に「善玉菌」「悪玉菌」「日和見菌」の三種類の菌が住んでいます。善玉菌は食べたものの消化吸収を良くしたり、免疫力を上げるなど良い働きをします。一方、悪玉菌は有害物質を発生させ、増えてくると免疫力が落ちやすく、病気や老化の引き金になります。日和見菌は善玉菌と悪玉菌のどちらにも属さない菌で、善玉菌が増えれば善玉菌の作用を働き、悪玉菌が増えれば悪玉菌の作用を働く性質を持っています。
悪玉菌が増える要因は加齢、ストレス、生活習慣の乱れなどがありますが、便秘になると腸の中の腐敗物質や有毒ガスが蓄積され、悪玉菌がどんどん蓄積されて悪循環に陥ります。健康の近道には、 便通改善で腸内環境を良くすることが重要です。


便秘予防の食事

まず基本は三食食事を摂り、水分補給をしっかリ取り入れることです。特に朝ご飯は摂リましょう。規則正しく食事を摂ることで腸が刺激され、スムーズな排便につながります。
食事内容では、善玉菌を多く含む発酵食品と善玉菌のえさになる食物繊維の多い食品を取り入れることが大切です。便通改善の効果的な食材は一つではありません。一つに偏らず、様々な食材を取り入れていきましょう。


【発酵食品】
ヨーグルト、チーズ、納豆、味噌、ぬか漬けなど



ひじきや切り干し大根、カットワカメは乾物で、大豆やミックスビーンズは缶詰で販売されているので常備しましょう。乾物は水で戻し野菜と一緒にドレッシングで和えてサラダにしたり、 スープに入れたり簡単に使えてお勧めです。


【食物繊維】
野菜、きのこ、海藻、豆製品、果物




TODAY

7/27[TUE]

おはようございます
ゲストさん

ログイン

ユーザーID
パスワード
パスワードがご不明の方はこちら

マイログ

健康に関する情報をきちんと管理して、日々の生活に役立てましょう。あなたの「健診データ」 を確認できます。

病院を探す