RECIPE健康レシピ

一覧へ戻る
2017.10.04レシピ

枝豆豆腐つくね

横フォーマット.jpg

肝機能の維持に必要な良質なたんぱく質である枝豆、豆腐、鶏ひき肉を使ったつくね。

卵の黄身をつけでいただきます。


材料 ※基本は2人分で

冷凍枝豆 100g(正味50g)

もめん豆腐 150g

鶏ひき肉  150g

片栗粉  大さじ2

塩こしょう 少々

油 適量


A醤油、酒、みりん 各大さじ1と1/2

A砂糖 小さじ2 卵黄 1個分


作り方【1】

豆腐はキッチンペーパーで包み重石をして水切りをする。

枝豆は解凍し、実を取り出す。


作り方【2】

ボウルに豆腐と鶏ひき肉、片栗粉、塩こしょうを合わせてよく練る。

枝豆を加えて混ぜ、6等分にして成型する。


作り方【3】

フライパンに油を熱し、2を両面こんがり焼いて一度取り出す。


作り方【4】

フライパンをキッチンペーパーでふきとり、Aを入れ火にかけ、とろみが出てきたら3を戻し入れ絡める。


作り方【5】

4を皿に盛り、卵黄を添える。


管理栄養士からのポイント


低脂質で良質なタンパク質を豊富に含む鶏肉、豆腐、枝豆の組み合わせ。

肝臓の機能向上や維持にはタンパク質は必須です。

枝豆には肝機能を助けるビタミン類も豊富に含まれています。



AUTHOR
プロフィール画像3_北嶋佳奈_1.jpg
北嶋 佳奈

資格:管理栄養士、フードコーディネーター

大学で管理栄養士の勉強をする傍ら、フードコーディネーターの専門学校を卒業。大学卒業後、飲食店キッチンスタッフ、フードコーディネーターアシスタントなどを経験。
レシピ本出版、各媒体にて美容・ダイエット系レシピ提案、栄養・健康系コラムの執筆やイベント出演、飲食店メニュー提案などで活動中。
『こころも体もよろこぶごはん』をテーマに、家にあるもので手軽に作れる簡単レシピをブログでも公開中。
2010年3月:昭和女子大学生活科学部生活科学科管理栄養士専攻卒業。
2010年3月:祐成陽子クッキングアートセミナー フードコーディネーターコース修了。
在学中より飲食店キッチンスタッフを、大学卒業後フードコーディネーターのアシスタントを経験。

ブログ:HALEAINA http://ameblo.jp/kanagohan15/

TODAY

10/18[WED]

こんばんは
ゲストさん

ログイン

ユーザーID
パスワード
パスワードがご不明の方はこちら

マイログ

健康に関する情報をきちんと管理して、日々の生活に役立てましょう。あなたの「健診データ」を確認できます。

病院を探す

毎月更新される全国約16万件のデータから、お探しの病院を検索できます。