ハピルス HAPPYLTH 健康ポータル

EXERCISE健康エクササイズ

一覧へ戻る
2024.01.16エクササイズ

腰痛予防に椅子ヨガをしよう

20240115_yoko.jpg

デスクワークなど長時間椅子に座った作業が続くと、骨盤の周りが凝り始め、腰痛の原因につながります。腰痛予防のために、椅子に座りながらできるヨガを紹介します。


基本の呼吸

深い呼吸をしながら筋肉や関節を動かすことで血流を促してくれます。
①肩の力を抜く
②背筋を伸ばす
③鼻からゆっくり吸いゆっくり吐く(細く長く吐き出すようなイメージで)
※鼻呼吸が難しい場合は、無理せず口呼吸でおこないましょう


腰痛予防のヨガ2選

●おなかねじり●
①左足を上にして足を組みます。右手を左足に乗せながら、両手を左側に下ろします。(ここで息を吸います)
②息を吐きながらお腹をゆっくりねじり、顔を左後方に向けます。気持ちよくねじれたところで気を止め、深い呼吸を3~5回繰り返します。
③正面に戻り、上体を軽く前に倒して下を向きます。力を抜いて深い呼吸を1回、基本の姿勢に戻ります。

⇒①から③を反対の足に変えて同様に行います。



●コアラのポーズ●
①右足を左ひざの上に乗せ、息を吸います。
※股関節が高い場合は、低い台や椅子を前に置き、その上に足をのせると楽です。
②息を吐きながら股関節から上体を前に倒します。右のお尻が気持ちよく伸びたところで動きを止め、深い呼吸を3~5回繰り返します。
※お腹が丸まり腰から背中が伸びていないとお尻をしっかり伸ばせません。腰から背中、首までまっすぐに伸ばしましょう。
③息を吸いながら、状態をゆっくり戻します。右足を下ろし基本の姿勢に戻ります。
⇒①から③を反対の足に変えて同様に行います。



※無理をせず、ご自身の体調に合わせて行ってください。


TODAY

2/22[THU]

こんばんは
ゲストさん

ログイン

ユーザーID
パスワード
パスワードがご不明の方はこちら

マイログ

健康に関する情報をきちんと管理して、日々の生活に役立てましょう。あなたの「健診データ」 を確認できます。

病院を探す