ハピルス HAPPYLTH 健康ポータル

EXERCISE健康エクササイズ

一覧へ戻る
2022.05.16エクササイズ

自宅でも手軽に、メンテナンスヨガ

20220516_yoko.jpg

新年度が始まり、そろそろ疲れが溜まりやすい時期にヨガでリラックスしましょう。


腹式呼吸

基本の呼吸は腹式呼吸です。鼻呼吸でおこないます。
まず、両手を下腹部に当て、鼻呼吸でゆっくり深い呼吸をします。次に息を吐きながらお腹を凹ませ、息を吸いながらお腹を膨らませます。これを繰り返し、呼吸で動くお腹を意識します。



猫のポーズ 効果:背中の柔軟性の向上、腰痛緩和

①四つんばいになり、肩の下に手を置き、手のひらをしっかり開きます。骨盤の下にヒザが来るようにします。
②息を吸いながらお尻を天井のほうへ突き出し、胸を張り、目線を天井に送ります。
③息を吐きながら再度お尻の方から背骨を動かし、丸めながら目線をおへその方へやり、のぞきこみます。よく背中を丸めてください。



牛の顔のポーズ 効果:肩こり・腰痛緩和、 冷え性改善

①足を交差させて座り、足の甲を床につけます。
②背を伸ばし、右手を上げひじを曲げ、手のひらを背中につけます。
③左手は下から背中に回し、右手を握る手がつなげない場合には、握るようなイメージで後方に伸ばします。
ポーズを取るのが難しければ、タオルを使用しましょう。



三角のポーズ 効果:下半身の引き締め、骨盤矯正、消化能カアップ

①直立にリラックスした状態で立ちます。
②両足を左右に大きく広げ、右つま先は90度に、左つま先は少し開きます。両足のかかと同士は一直線上になるようにします。
③息を吐きながら骨盤から右にゆっくり倒していきます。(この時脇腹を太ももを近づけるイメージで行なうと骨盤が倒れにくいです)
同時に左手は天井に向かって真っすぐ伸ばします。
④目線を上げた手の指先へ向きます。 足裏で地面をしっかりと感じながら、この状態で2~3呼吸(20~30秒ほど)キープします。 反対側も同様に行います。



※無理をせず、ご自身の体調に合わせて行ってください。


TODAY

10/2[SUN]

こんばんは
ゲストさん

ログイン

ユーザーID
パスワード
パスワードがご不明の方はこちら

マイログ

健康に関する情報をきちんと管理して、日々の生活に役立てましょう。あなたの「健診データ」 を確認できます。

病院を探す