ハピルス HAPPYLTH 健康ポータル

RECIPE健康レシピ

一覧へ戻る
2022.04.06レシピ

春野菜のサラダちらし寿司

20220406_yoko.jpg

春のカラフルなサラダちらし寿司です。

スナップエンドウをおいしく茹でるには、湯を沸騰させてから入れるのがポイントです。そのままグラグラ沸騰させて茹でていきます。

炒め物や汁物など、火入れする料理に使う場合は、5秒ほどサッと湯通ししてから使います。こうすることで雑味が取れ、おいしく調理できます。


材料4人分

米------------------------------3合
黒米---------------------------大さじ2
すし酢------------------------100ml
ミニトマト-------------------12個
ベビーリーフ-----------------1パック
紫たまねぎ-------------------1/2個
菜の花------------------------4本
スナップえんどう-----------8さや
たけのこ(ゆでたもの) -----1/2パック
アスパラガス-----------------4本
生ハム------------------------12枚
粉チーズ----------------------適量
黒こしょう--------------------少々


A
粒マスタード-----------------小さじ2
マヨネーズ--------------------大さじ4
レモン汁----------------------小さじ2
オリーブ油--------------------大さじ1
にんにく(すりおろし) -------小さじ1
塩------------------------------ひとつまみ


作り方

①米と黒米は洗ってざるに上げ、20分程置き、3合の水加減で炊く。
②スナップエンドウは筋を取り、アスパラガスと菜の花は固い部分を切り落として塩茹でする。
 スナップエンドウは半分に、アスパラガスと菜の花は5mm長さに切る。
③紫たまねぎはみじん切りにして水にさらし、キッチンペーパーで水気をふき取る。
 ミニトマトは半分に切る。たけのこはスライスする。
④米が炊けたら、熱いうちにすし酢と紫たまねぎを加え、混ぜ合わせ、うちわで扇ぎ冷ます。
⑤器に④を盛り、ベビーリーフとミニトマト、生ハム、②、③を盛り付け、粉チーズと黒こしょうを散らす。
⑥Aを混ぜ合わせ、上にかける。


管理栄養士からのコメント

旬のスナップエンドウは、肉厚で歯ごたえが良く、ほんのり甘いのが特徴。おやつにも最適ということから、別名「スナックエンドウ」とも呼ばれています。
β-カロテンやビタミンCが豊富で、ビタミンB1やビタミンE、食物繊維なども多く含まれています。


栄養素など

調理時間 約15分
エネルギー(kcal) 615
食塩相当量(g) 2.8
野菜相当量(g) 144


AUTHOR
profile_inoue.jpg
井上 真規子

「野菜と生活 管理栄養士ラボ」 管理栄養士。

カゴメ管理栄養士による、「食と健康」に関するコンテンツを開発・提案する専門チームです。
カゴメがトマトを中心とする野菜の研究活動で培った知見、小売店、中食・外食業態を展開する企業向けの営業活動で培ったメニュー開発・提案力を活かし、「健康セミナー」や「メニューレシピ監修」など日々の健康づくりにお役立て頂けるコンテンツを開発し、提案致します。

TODAY

5/18[WED]

こんばんは
ゲストさん

ログイン

ユーザーID
パスワード
パスワードがご不明の方はこちら

マイログ

健康に関する情報をきちんと管理して、日々の生活に役立てましょう。あなたの「健診データ」 を確認できます。

病院を探す