ハピルス HAPPYLTH 健康ポータル

RECIPE健康レシピ

一覧へ戻る
2021.11.17レシピ

秋野菜とトマトと鮭のちゃんちゃん焼き

20211117_yoko.jpg

ホットプレートでも簡単にできる料理です。

出来上がったちゃんちゃん焼きの上に小ねぎを散らし、鮭を崩しながら野菜と一緒にどうぞ。


材料3人分

トマト--------------------------------3個
かぼちゃ---------------------------180g

鮭切り身---------------------------4切れ

エリンギ----------------------------1パック

ホワイトブナシメジ---------------1パック

キャベツ----------------------------1/2個

小ねぎ(小口切り)---------------適宜

塩-------------------------------------少々

こしょう------------------------------少々

サラダ油---------------------------大さじ1

バター------------------------------大さじ2


A

みそ---------------------------------大さじ4

砂糖---------------------------------大さじ3本

みりん------------------------------大さじ1

酒-----------------------------------大さじ2

にんにく(すりおろし)----------1片分


作り方

①鮭は塩、こしょうを振る。かぼちゃは8mm程度の厚さの一口大に切る。エリンギは一口大に切る。ホワイトブナシメジは石づきを切り小房に分ける。キャベツはざく切りにし、トマトはくし切りにする。

②フライパンにサラダ油を熱し、かぼちゃを焼き、焼き目を付け一旦取り出す。

③鮭を皮目を下にして焼く。焼き色が付いたら裏返して焼く。

④キャベツ、エリンギ、ホワイトブナシメジをのせ、Aを混ぜたソースを回し入れ、ふたをして蒸し焼きにする。野菜に8割方火が通ったらトマトとかぼちゃを加えて、さらに5分加熱し、火を止めてバターを入れ余熱で溶かす。

⑤小ねぎをちらす。


管理栄養士からのコメント

ビタミンDはカルシウムの吸収を助け、強い骨を維持する働きがあります。ビタミンDの摂取量が少なすぎると骨が軟化したり細くなったりします。また、ビタミンDは筋肉を動かしたり神経の伝達、免疫系(細菌やウイルスの撃退)への働きにも重要な栄養素です。ビタミンDは皮膚が直射日光に当たることにより体内で生成されますが、これから寒い時期になりますと直射日光に当たることが少なくなりますね。そんな時には、ビタミンD含有量が多い鮭やキノコの摂取をお勧めします。


栄養素など

調理時間 約25分

エネルギー(kcal) 358

食塩相当量(g) 2.7

野菜相当量(g) 284

たんぱく質(g) 28.9

脂質(g) 13.7

炭水化物(g) 30.4


AUTHOR
profile_tashiro.jpg
田代 由美子

「野菜と生活 管理栄養士ラボ」 管理栄養士。

カゴメ管理栄養士による、「食と健康」に関するコンテンツを開発・提案する専門チームです。
カゴメがトマトを中心とする野菜の研究活動で培った知見、小売店、中食・外食業態を展開する企業向けの営業活動で培ったメニュー開発・提案力を活かし、「健康セミナー」や「メニューレシピ監修」など日々の健康づくりにお役立て頂けるコンテンツを開発し、提案致します。

TODAY

11/28[SUN]

おはようございます
ゲストさん

ログイン

ユーザーID
パスワード
パスワードがご不明の方はこちら

マイログ

健康に関する情報をきちんと管理して、日々の生活に役立てましょう。あなたの「健診データ」 を確認できます。

病院を探す