ハピルス HAPPYLTH 健康ポータル

RECIPE健康レシピ

一覧へ戻る
2021.06.16レシピ

野菜と丸ごとカマンベールチーズのラタトゥイユ

20210616_yoko.jpg

*旬の野菜のみずみずしい美味しさを無水鍋でトマトソースと共に蒸し焼きにして、ラタトゥイユに仕上げました。

*とろけたカマンベールチーズにディップし、からめてお召し上がりください。


材料3人分

トマトソース基本タイプ--1缶(295g)

ベーコン(ブロック)---------------100g

スナップえんどう-----------------8さや

玉ねぎ---------------------------0.5個

じゃがいも-------------------------250g

黄パプリカ-------------------------1/2個

なす---------------------------------1本

カマンベールチーズ-------------1個

オリーブ油--------------------------大さじ1

こしょう-------------------------------少々


作り方

①ベーコンは1cm幅に切る。スナップえんどうは筋を取る。
玉ねぎはくし切りに、じゃがいも・パプリカ・なすは食べやすい大きさに切る。
カマンベールチーズは表面の皮の部分を削るか、または切り込みを入れる。
②無水鍋に基本のトマトソースを加え、玉ねぎ、じゃがいも、パプリカ、なすを並べる。
③蓋をして加熱し、沸騰したら、中火にし、10分加熱する。
④仕上げに、スナップエンドウ、カマンベールチーズを加え、追加で2分加熱する。最後にオリーブオイルを回し入れる。
お好みで、こしょうを振る。
*塩はお好みで調整ください。


管理栄養士からのコメント

玉ねぎの辛みと独特のにおいは、硫化アリルという成分によるものです。
硫化アリルは加熱することで、ジアリルジスルフィドという成分に変わります。この成分は、「リコピン」を吸収しやすい形に変換し、体内吸収率を高めることが期待できます。玉ねぎはトマトとの相性が良いので組み合わせて摂ってみてはいかがでしょうか。
また硫化アリルは加熱すると砂糖の50倍もの甘さになるといわれている「プロピルメルカプタン」という成分に変化して、甘みを強めると考えられています。


栄養素など

調理時間 約15分
エネルギー(kcal) 354
食塩相当量(g) 1.8
野菜相当量(g) 238

たんぱく質(g) 17.8
脂質(g) 19.7
炭水化物(g) 27.1


AUTHOR
profile_tashiro.jpg
田代 由美子

「野菜と生活 管理栄養士ラボ」 管理栄養士。

カゴメ管理栄養士による、「食と健康」に関するコンテンツを開発・提案する専門チームです。
カゴメがトマトを中心とする野菜の研究活動で培った知見、小売店、中食・外食業態を展開する企業向けの営業活動で培ったメニュー開発・提案力を活かし、「健康セミナー」や「メニューレシピ監修」など日々の健康づくりにお役立て頂けるコンテンツを開発し、提案致します。

TODAY

7/27[TUE]

こんにちは
ゲストさん

ログイン

ユーザーID
パスワード
パスワードがご不明の方はこちら

マイログ

健康に関する情報をきちんと管理して、日々の生活に役立てましょう。あなたの「健診データ」 を確認できます。

病院を探す