ハピルス HAPPYLTH 健康ポータル

RECIPE健康レシピ

一覧へ戻る
2020.02.19レシピ

牡蠣のトマトアヒージョ

20200219_yoko.jpg

今が旬、牡蠣とブロッコリーを使ったアヒージョです。トマトソースを加えることで旨みもおいしさもアップ!


材料3人分

カキ(むき身)-------------------------- 6個

マッシュルーム------------------ 1パック
ミニトマト-------------------------------6個

ブロッコリー---------------------------6房

黄パプリカ--------------------------1/2個

にんにく(みじん切り)-------------1片分

オリーブ油-----------------------大さじ 8

トマトソース--------------------------100g

塩---------------------------------------適量


作り方

①小鍋にオリーブ油、にんにく、塩を加えて中火にかける。
②香りが出たらトマトソースを加え、食べやすい大きさに切った野菜類、牡蠣を加えフタをして中火で7分加熱する。


管理栄養士からのコメント

あさりや牡蠣などの貝類にはタウリンが含まれています。タウリンには抗酸化作用や、コレステロールの吸収を抑える働きなど体に嬉しい働きがあります。
また牡蠣には、鉄が多く含まれます。貧血の予防など身体にとって大事な成分の鉄ですが、実際に吸収されるのはそのうち10~20%なのです(※1)。そんな鉄の吸収を高める働きをしてくれるのがビタミンCです。ブロッコリーやトマトなどの緑黄色野菜にはビタミンCが多く含まれています。
牡蠣と野菜を使ったアヒージョで鉄を効率的に摂りませんか。

※1:動物性食品に含まれるヘム鉄の場合


栄養素など

調理時間 約10分
エネルギー(kcal) 369
食塩相当量(g) 1.3
野菜相当量(g) 95

たんぱく質(g) 5.3
脂質(g) 34.5
炭水化物(g) 9.1


AUTHOR
profile_tashiro.jpg
田代 由美子

「野菜と生活 管理栄養士ラボ」 管理栄養士。

カゴメ管理栄養士による、「食と健康」に関するコンテンツを開発・提案する専門チームです。
カゴメがトマトを中心とする野菜の研究活動で培った知見、小売店、中食・外食業態を展開する企業向けの営業活動で培ったメニュー開発・提案力を活かし、「健康セミナー」や「メニューレシピ監修」など日々の健康づくりにお役立て頂けるコンテンツを開発し、提案致します。

TODAY

4/4[SAT]

こんばんは
ゲストさん

ログイン

ユーザーID
パスワード
パスワードがご不明の方はこちら

マイログ

健康に関する情報をきちんと管理して、日々の生活に役立てましょう。あなたの「健診データ」を確認できます。

病院を探す