RECIPE健康レシピ

一覧へ戻る
2020.01.29レシピ

ハートの愛菜トマト鍋

20200129_yoko.jpg

1月31日は何の日か皆さんご存知ですか?1(あい)3(さ)1(い)の日=「愛菜の日」になります。

寒いこの時期だからこそ、野菜たっぷりの料理で、元気に毎日を過ごしてください。

今回ご紹介する鍋は、盛り付けた野菜の形が崩れないよう、鍋の底から具材を敷き詰めていくと、綺麗に盛り付けることができます。チーズは火を通すと溶けて行きますが、溶けたチーズを具材やスープと絡ませながら食べるのもオススメです。


材料3〜4人分

鍋用スープ(トマト味)----- 1袋(750ml)

鶏もも肉------------------------- 350g

ウインナーソーセージ-------------- 4本

玉ねぎ---------------------------1/2個

にんじん-------------------------1/2本

キャベツ-------------------------1/4玉

しめじ------------------------ 1パック

トマト-----------------------------2個


作り方

①鶏もも肉、キャベツは一口大、玉ねぎはくし形に切り、 ブロッコリー、しめじは小房に分ける。じゃがいも、にんじんは5㎜~1㎝厚さに切り、ハート形に型抜きする。
黄パプリカもハート型に型抜きをする。
トマトは、ヘタをV字に切り落とし半分に切る。

ウィンナーは斜め半分に切り、切り口を合わせ、短く折ったパスタでとめてハート形にする。

②鍋に①の材料を入れる。キャベツや玉ねぎ、型抜きをした野菜の残りなどから入れ、ハート形にしたものは鍋の上部にくるように盛り付ける。
③ハート形に型抜きしたスライスチーズをトマトの切り口にのせ、鍋用スープ(トマト味)を注いで火にかけ、材料に火が通ったら、出来上がり。


管理栄養士からのコメント

鍋は、肉や魚、野菜などのいろいろな食材が一度に摂れることに加えて、1品で満腹になれるのも魅力です。野菜によっては、生のままサラダで食べるより、熱を加えることで、カサが減って3~5倍の量を食べることができます。例えば、キャベツも、 3~4人で1/4個分の千切りキャベツを食べるとなると大変ですが、お浸しにしたり、鍋などに加えると食べやすくなりますよ。鍋は、野菜を効率よく食べたいときや、また野菜の使いきりにも役立ちます。


栄養素など

調理時間 約30分
エネルギー(kcal) 483
食塩相当量(g) 3.3
野菜相当量(g) 465

たんぱく質(g) 27
脂質(g) 25.2
炭水化物(g) 38.8


AUTHOR
profile_inoue.jpg
井上 真規子

「野菜と生活 管理栄養士ラボ」 管理栄養士。

カゴメ管理栄養士による、「食と健康」に関するコンテンツを開発・提案する専門チームです。
カゴメがトマトを中心とする野菜の研究活動で培った知見、小売店、中食・外食業態を展開する企業向けの営業活動で培ったメニュー開発・提案力を活かし、「健康セミナー」や「メニューレシピ監修」など日々の健康づくりにお役立て頂けるコンテンツを開発し、提案致します。

TODAY

2/17[MON]

こんばんは
ゲストさん

ログイン

ユーザーID
パスワード
パスワードがご不明の方はこちら

マイログ

健康に関する情報をきちんと管理して、日々の生活に役立てましょう。あなたの「健診データ」を確認できます。

病院を探す