RECIPE健康レシピ

一覧へ戻る
2019.04.10レシピ

新じゃがとアスパラのチーズ焼き

20190410_yoko.jpg

野菜は電子レンジを使って加熱すると手軽にできあがります。
アスパラガスは、茎が太めで、穂先が固くしまり、まっすぐ形よく伸びたものを選びましょう。


材料 4人分

新じゃがいも---------------4個(440g)
アスパラガス---------------------- 1束
合いびき肉----------------------- 100g
トマトソース(基本タイプ)※1------ 1缶(295g)
ピザ用チーズ---------------------- 80g
オリーブ油------------------------適宜
※1 商品の野菜使用量が内容量の100%以上のもの


作り方

①じゃがいもはよく洗い、皮付きのままゆで、1cm厚さに切る。
 アスパラは4cm長さの斜め切りにして茹でる。
②フライパンに油を熱し、ひき肉を炒め、色が変わったら、煮込み用トマトソースを加えて軽く煮込む。
③耐熱皿にじゃがいもとアスパラを並べ、②とチーズをかけ、オーブントースターでチーズが溶けるまで焼く。


管理栄養士からのコメント

アスパラガスに含まれるアスパラギン酸は、新陳代謝を活発にし、疲労を和らげる効果があると言われています。主にアスパラの穂先に含まれるルチンには、血管を丈夫にする働きがあります。更に、ビタミンCが豊富なじゃがいもと合わせることで、ビタミンCの吸収効率を高めてくれる作用もあります。


栄養素など

調理時間 約 20分
エネルギー(kcal) 279
食塩相当量(g) 1.1
野菜相当量(g) 213

たんぱく質(g)  12.1
脂質(g) 14.4
炭水化物(g) 24.3
カリウム(mg) 811
ナトリウム(mg) 419
カルシウム(mg)*
リン(mg) 249
鉄(mg)*
レチノール当量(ビタミンA)(µg) *
ビタミンB1(mg)*
ビタミンB2(mg)*
ビタミンC(mg)*
食物繊維(g) 2.7

AUTHOR
profile_inoue.jpg
井上 真規子

「野菜と生活 管理栄養士ラボ」 管理栄養士。

カゴメ管理栄養士による、「食と健康」に関するコンテンツを開発・提案する専門チームです。
カゴメがトマトを中心とする野菜の研究活動で培った知見、小売店、中食・外食業態を展開する企業向けの営業活動で培ったメニュー開発・提案力を活かし、「健康セミナー」や「メニューレシピ監修」など日々の健康づくりにお役立て頂けるコンテンツを開発し、提案致します。

TODAY

4/24[WED]

こんばんは
ゲストさん

ログイン

ユーザーID
パスワード
パスワードがご不明の方はこちら

マイログ

健康に関する情報をきちんと管理して、日々の生活に役立てましょう。あなたの「健診データ」を確認できます。

病院を探す

毎月更新される全国約16万件のデータから、お探しの病院を検索できます。