EXERCISE健康エクササイズ

一覧へ戻る
2019.03.15エクササイズ

気になる下半身をひきしめる

20190315_yoko.jpg

椅子に腰かけている時に、膝が開いていませんか?日常生活で靴の底の外側が減っていませんか?これは、内転筋が使われていない証拠です。

内転筋は、・両脚をぴったりと閉じて座るとき·両膝で何かを挟む動作・平泳ぎで脚を閉じる動作など、日常生活で意識をしないとなかなか使わない筋肉なので、たるんでしまいがちです。ここを鍛えることで、スッキリみせることができます。


内転筋とは?
太ももの内側にあり、股関節を下から支え、股関節が開くのを防いでいます。
この筋肉が衰えると骨盤が開き、周りの筋肉にも影響を与えます。



内転筋を鍛える①

・    タオルを折りたたむ、大きすぎないクッションを用意する。
・    背筋を伸ばしてイスに座る
・    膝にタオルを挟んで、
ギューと力を入れる
30秒キープを3〜5セット行う


※血圧の高い方は、息を止めたりせず、血がのぼる感覚になった場合は、中止してください。


内転筋を鍛える②

・図のような体勢をとり、左足を膝を伸ばしたまま、3秒かけて左脚を持ち上げます
・持ち上げた状態で3秒キープします
・3秒かけて足を下しますが、床につかないぎりぎりで3秒キープします
上記動作を5〜10回行なってください。呼吸をしながら行なってください。




姿勢を正す

・重心が常に後ろより
・体を反らし過ぎ
・歩くときにひざで歩いている

 ↓

筋肉が発達して太く見えることがあります。
良い姿勢を心がけましょう


TODAY

7/21[SUN]

おはようございます
ゲストさん

ログイン

ユーザーID
パスワード
パスワードがご不明の方はこちら

マイログ

健康に関する情報をきちんと管理して、日々の生活に役立てましょう。あなたの「健診データ」を確認できます。

病院を探す

毎月更新される全国約16万件のデータから、お探しの病院を検索できます。