COLUMN健康コラム

一覧へ戻る
2018.07.13コラム

中年太りがおこる理由

横フォーマット.jpg

食生活もライフスタイルも全く変えていないのに、30代半ばから40代にかけて、なぜか太りはじめてきた、
こんな話しはよく聞きますね。


一般的に「中年太り」と呼ばれるこの現象は、どうしておこるのでしょうか?


食事量を一生変えなければ太らないのか

中年太りの原因は「基礎代謝量の低下」。

私たちは、寝ている時でも呼吸をしたり、体温を調節したりと内臓は活発に動いています。

このように、生きていくために使われる最低限のエネルギーのことを「基礎代謝」といいますが、その力は10代をピークに減り続けます。


「基礎代謝」が低下する原因は、「筋肉量の低下」です。

筋肉量が減ると、脂肪が燃焼しにくくなリ、基礎代謝を低下させる原因となります。

日常的に運動習慣を持たずに40代に突入すると、筋肉量は減る一方です。

このように、加齢による基礎代謝の低下と、筋肉量の低下が重なるため、「中年太り」が起こってくるのです。


女性特有の理由

女性の中年太りには「女性ホルモン」の量が関係しているといわれています。

40代というと、ちょうど閉経に向けてホルモン量が徐々に低下してくる頃です。

女性ホルモンは脂肪合成を盛んにする働きをもっていて若い頃は出産に備えて、太ももやヒップを中心に脂肪がつくようになっています。

ところが、女性ホルモンが低下すると、腹部を中心に脂肪がつくように変わります。


このように、中年太りは若い頃の太リ方とは違い、単なる食ベ過ぎ運動不足が招いたものではないのです。


●中年太り解消のためには「筋肉」と「食事」

①筋肉量をUPする

ウォーキングやジョギングなど、無理の無い運動から始めて筋肉量を増やすことが必要です。

何もしないと年1%程度のぺ—スで衰えてしまいます。


②太らない食生活を送る

中年太りの場合、身体に溜まる脂肪は皮下脂肪ではなく内臓脂肪です。

「食事量は多くない」と思っても脂肪や砂糖だらけのお菓子やパンなど「高カロリー食品」を食事代わりにしていませんか?

若い頃より、少ないエネルギー量で生活が出来るよう、身体は年々変化します。


その変化に合わせて食事と運動に注意していくことが、中年太り解消には一番効果的です。



TODAY

8/18[SAT]

こんばんは
ゲストさん

ログイン

ユーザーID
パスワード
パスワードがご不明の方はこちら

マイログ

健康に関する情報をきちんと管理して、日々の生活に役立てましょう。あなたの「健診データ」を確認できます。

病院を探す

毎月更新される全国約16万件のデータから、お探しの病院を検索できます。