RECIPE健康レシピ

一覧へ戻る
2018.06.13レシピ

かつおの卵とじ丼

横フォーマット.jpg

肝機能を向上させる助けとなるタウリンを豊富に含んだかつおを親子丼のように卵とじにしてどんぶりにします。

食べやすくボリュームも満点。


材料 ※基本は2人分で

かつお(刺身用柵) 200g

生姜すりおろし 小さじ1

酒 大さじ1

ごま油 大さじ1

玉ねぎ 1/2個

めんつゆストレート 1カップ

卵 3個

ごはん 400g

三つ葉 適量

刻みのり 適量


作り方【1】

かつおは1センチ幅位に切り、酒と生姜すりおろしにつける。


作り方【2】

玉ねぎはスライス、三つ葉はざく切りにする。


作り方【3】

鍋にごま油を入れて熱し、強火で1を中心に火を通さない程度にさっと焼いて取り出す。


作り方【4】

鍋にめんつゆを入れて2の玉ねぎを加え火にかける。


作り方【5】

4の玉ねぎに火が通ったら3を戻し卵を割りほぐして回しかける。


作り方【6】

器にご飯をもりつけ5をかけ刻みのりをのせる。


管理栄養士からのポイント


かつおと共に摂取する卵も良質なたんぱく質で必須アミノ酸をバランスよく含んだ食材。

体への吸収も良いので肝機能の働きを助ける役割の助けともなります。

かつおはさっとレアに焼くのがふんわりいただくポイントに。



AUTHOR
プロフィール画像_渥美真由美_1.jpg
渥美 真由美

資格:管理栄養士 フードコーディネーター 健康運動指導士

・企業従業員向け、地域向け健康プランのプランニング・セミナー講師を担当。
・免疫高まる和タリアン料理教室・親子料理教室・高齢者向け料理教室等も得意分野。
・TV、雑誌、WEBにて出演、出版、企業へのレシピ提供なども行う。

長寿食と言われる和食と地中海料理の良いところを取り入れた究極の長寿食「和タリアン料理」をベースに提案する料理は、簡単、おいしく料理下手でも上手に見える、栄養もバランスよくとれる料理。 2児の母。
公式HP http://atsumin.com/
ブログ:たべものdeからだsmile^^ http://ameblo.jp/atsuminn/

TODAY

6/19[TUE]

こんばんは
ゲストさん

ログイン

ユーザーID
パスワード
パスワードがご不明の方はこちら

マイログ

健康に関する情報をきちんと管理して、日々の生活に役立てましょう。あなたの「健診データ」を確認できます。

病院を探す

毎月更新される全国約16万件のデータから、お探しの病院を検索できます。