RECIPE健康レシピ

一覧へ戻る
2017.12.27レシピ

牡蠣のカレーチャウダー

横フォーマット.jpg

肝臓の働きをサポートする牡蠣をチャウダーにすることで、

牡蠣が苦手な方も食べやすく体も温まる1品です。


材料 ※基本は2人分で

・牡蠣(むき身)・・・200g

・白ワイン・・・少々

・玉ねぎ・・・1/2個

・人参・・・1/2本

・ベーコン・・・30g

・マッシュルーム・・・3個

・バター・・・10g

・塩、こしょう・・・各少々

・カレー粉・・・小さじ1

・小麦粉・・・大さじ2

・牛乳・・・400cc

・刻みパセリ・・・少々 


作り方【1】

牡蠣は水で軽く洗い耐熱容器に入れ白ワインをふりかけ電子レンジで2分加熱する。


作り方【2】

玉ねぎ、人参は1cmの角切り、ベーコンは1cm幅の短冊切り マッシュルームは薄く切る。


作り方【3】

鍋にバターを入れ熱し②を加え炒める。


作り方【4】

③に塩、こしょう、カレー粉、小麦粉を入れ炒めたら 牛乳と牡蠣を入れ煮る。

器に盛り刻みパセリを散らす。


管理栄養士からのポイント


牡蠣には肝臓の働きをサポートするアミノ酸やビタミン、ミネラルを豊富に含んでいます。特にタウリンと呼ばれる含硫アミノ酸は、傷んだ肝臓を修復するのに役立つと言われています。

白ワインをふりかけて電子レンジで先に軽く火を通しておくことで、牡蠣の臭みが消えます。

牡蠣は火を通し過ぎると硬くなってしまうので一番最後に加えましょう。

カレー粉がアクセントになりご飯にもパンにも合う1品なので朝食にもオススメのレシピです。



AUTHOR
プロフィール画像_岡田明子_1.jpg
岡田 明子

資格:管理栄養士

自身の13㎏のダイエット成功経験をいかして「食べてキレイに痩せる」ダイエットメソッドを確立。ヘルスケア関連を中心にテレビ、雑誌、企業セミナー、各種イベントでのレシピ開発や講演活動を精力的に務めるほか、個人への食事のサポートも行い ダイエットに悩む人への個々の生活習慣に合わせた的確な指導に定評がある。

(著書) 朝だから効く!ダイエットジュース(池田書店)
     美腸ダイエットジュース (池田書店)

ブログ:管理栄養士 岡田明子の美食スタイル ~美食で、キレイに、健康に~
http://ameblo.jp/dietician-aki/

TODAY

4/22[SUN]

こんばんは
ゲストさん

ログイン

ユーザーID
パスワード
パスワードがご不明の方はこちら

マイログ

健康に関する情報をきちんと管理して、日々の生活に役立てましょう。あなたの「健診データ」を確認できます。

病院を探す

毎月更新される全国約16万件のデータから、お探しの病院を検索できます。